おねしょとおむつ

おねしょを完璧にガードしたいなら…、

やっぱり「おむつ」を利用するのが一番確実な方法といえるでしょう。

おむつなら、大でも小でも量に関わらず確実にガードしてくれますから、

布団やベッドを汚してしまうという心配もなくなります。

親御さんにしてみれば、おむつは子供を育てるのに不可欠なものであり、

使用に対しても特に疑問や不快感を感じることはないと思います。

でも、お子さんの場合は…、中にはおむつをするのを嫌がる子もいると思います。

子供とは言え「おむつをつけるのはかっこ悪い!」と思うものなのです。

とは言え、本人が言うとおりおむつをしないでおねしょをしてしまうと、

親御さんだけではなく本人自身もショックを請けることになります。

このようなケースの解決策としては、

お子さんが眠った後に、おむつに履き替えさせるのも良いと思いますし、

また、きちんと理由を説明し、何度も言い聞かせ、

本人に納得してもらった上でおむつを履いてもらうのも良いでしょう。

おねしょは成長する上でしょうがないことだと説明し、

おねしょが無くなるまで夜におむつをするのもふつうの事、

また、仮におねしょをしてしまっても何の問題もないことなどを、

お子様にも分かるように、しっかりと説明してあげて下さい。

おねしょはお子さんだけではなく親御さんにも大きなストレスになります。

ストレスで睡眠リズムが狂ったら、ますますおねしょは治らなくなります。

ここは辛抱のしどころと思い…、しっかりとお子さんを説得しましょう!